耳鳴りや難聴は病院で治療【クラクラ目眩を改善しよう】

一年中発症する病気

耳

患者数が増加傾向にある病気に、アレルギー性鼻炎があります。アレルギー性鼻炎はハウスダストやカビ、花粉などが原因となり、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こしてしまうのです。呼吸をする際にこれら細かい粒子が鼻の中に入り込み、内部の粘膜にある抗体と反応を起こしてしまいます。アトピー体質の人はこの抗体が体内で作られるのですが、鼻の粘膜部で肥満細胞と結びついてしまいます。そうすると、花粉やカビなどを吸い込んだ際の反応のよって肥満細胞からはヒスタミンという物質が放出されてしまうのです。ヒスタミンは粘膜を刺激してしまうため、鼻炎の症状が起きてしまいます。ハウスダストやカビが原因で起きるアレルギー性鼻炎の特徴は、一年中症状が起こってしまうというところにあります。くしゃみだけ、鼻水だけ、鼻づまりだけ、などのように、何かしらの症状が起こってしまうのです。特にくしゃみに関しては突発的で、一度症状が出てしまうと繰り返し何度も起きてしまうという特徴があるのです。

アレルギー性鼻炎の治療は、減感作療法と呼ばれる体質改善を主とした治療が行われます。また、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン薬を使用することで症状の発生を防ぐ治療も行ないます。軽度の場合は薬で症状を緩和させることが可能なのですが、改善が見られない場合には減感作療法を中心に治療を進めることのなります。アレルゲン(アレルギー原因となる物質)を体内にわざと少量ずつ取り入れ、徐々に摂取量を増やしていくことでアレルギ反応が過敏に起きてしまうのを防ごうという治療方法です。免疫の勘違いによって起きるアレルギー反応ですが、少しずつアレルゲンに触れさせることで過剰な反応を起こさなくなるため、結果的に症状を改善することに繋がるのです。こうした治療方法だけでなく、自宅をこまめに掃除したりなどの対策を講じることもアレルギー性鼻炎の改善には大切なことなのです。